自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

公開日: 更新日:

 飛行機に乗って1人で父親に会いに行った自閉症の男の子。機内で隣り合わせた男性の思いやりあふれる行動が、人々の共感を呼んでいる。

 米地方テレビ局「WTVD-TV」(7月2日付電子版)などによると、ラスベガスに住むアレクサ・ビヨルンソンさんは6月27日、自閉症の息子ランドン君(7)を1人でオレゴン州ポートランドに住む父親に会いに行かせた。いろいろな事情があって、どうしても一緒に行くことができなかったのだ。

 自閉症の男の子が飛行機で一人旅をするのは大変なこと。悩んだアレクサさんは次のような手紙を書き、10ドル紙幣を同封して息子に持たせ、「必ず隣に座った人に渡すのよ」と念を押した。

〈今日、息子は初めて父親に会いにオレゴンに行きます。息子は高機能自閉症で、あなたに『まだ着かないの?』と神経質に何度も質問するでしょう。どうか息子を安心させ、落ち着かせてやってください。10ドルを同封いたします〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る