歌手・岩佐美咲さん モツ煮込みは子供の頃から定番おかず

公開日: 更新日:

 子供の頃から歌手に憧れ続けた岩佐美咲さんはいくつものオーディションを受け続け、歌手になる夢を追いかけた。その第一歩は13歳の時。一番の応援団、母親の純子さん(53)が勧めるアイドルのオーディションを受け、AKB48の研究生を経て、7期生のメンバーとして活躍した。

 しかし、ソロ歌手になる夢は捨てきれない。4年が過ぎた頃、AKBのカラオケ大会に出場したのだが、「津軽海峡・冬景色」を渾身の力で歌い切り、見事、優勝。それを機に歌一本を目指し、今の事務所に移籍、17歳になった2012年「無人駅」で演歌歌手としてデビューした。

 AKB48を卒業し、演歌歌手一本で活動する今は地方にキャンペーンで行くことも多い。取りも直さず、大人の味覚に触れる旅でもある。

「3枚目のシングル『鞆の浦慕情』の時には広島へ行ってよく牡蠣を食べました。大きい牡蠣にレモンを搾って。思い出すたび、よだれが出てきそうなほどおいしかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る