停電で銀行ATMがストップ 災害時に困らない「お金」の備え

公開日: 更新日:

「私自身、親きょうだいが北海道に住んでおり、昨年の地震のとき苦労した話を聞いています。以来、“キャッシュレス決済手段だけに頼らず、現金も準備しておく”ことが大切だと思っています。たとえば、親子4人家族の場合、4~5日暮らせる金額となると、10万円ほどあれば安心できます。もっとも、普段から多額を準備しても、万が一、火災や水害、自宅の倒壊などで現金そのものを失うリスクもある。災害時用に自宅に置くなら、半分の5万円でもいいと思います。なお、緊急時はおつりが出ると売ってもらえないこともあるので、一部は1000円札や小銭も用意しておくとベターでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る