世界の流れに逆行 希望退職募集は「経営者が無能」な証拠

公開日: 更新日:

 関西電力の八木誠会長と岩根茂樹社長がいよいよ辞任に追い込まれたが、関電役員の平均報酬は4169万円。この2人に関しては7000万円程度にもなる。これほどの不祥事で役員が居座り続けようとしたのは、海外ではあり得ない。こんな無能な経営者たちこそリストラすべきだ。

 ◇  ◇  ◇

 今月に入って海外からも大量解雇のニュースが飛び込んできている。米HPは最大9000人の従業員削減を発表。ただし、8月にディオン・ワイズラー氏がその責任を取ってCEOの辞任を発表している。英HSBCも1万人を削減するが、やはりジョン・フリントCEOが同月に辞任した。

「日本企業のように経営責任を不明確にしたままの人員削減は、従業員からの理解を得られないでしょう。従業員に希望・早期退職を迫るなら、その前に、真っ先に経営トップが辞めるというのが世界の流れ。アメリカやイギリスの経営者には、まだ社会的責任という意識が残っています」(小松田勝・マネジメント&ネットワークオフィス代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る