村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】夫婦で団地住まい 建て替えで引っ越すけど狭くて…

公開日: 更新日:

 大阪の団地に住んでいます。古い建物で耐震性が問題で壁とかはがれているところがあり、近所に建て替えられ近く引っ越します。新しくなっても家賃が上がらないのはいいのですが、狭くなって収納スペースが半分以下になります。今でも狭いと思っているので妻とは捨てる物のことや買い替える家電のことでずっと言い争いをしています。妻はベランダの方の窓しかないのも憂鬱と言っています。よそに引っ越してもう少し広い部屋に住むことも考えましたが、老後を考えてそれもできません。年金生活なのでぜいたくな悩みなのはわかっていますが。(60代)

  ◇  ◇  ◇

 30年ほど前、50億円の借金を背負って倒産し、暮らし始めたマンションの小さな部屋の前には墓地がありました。はじめは縁起でもないと嫌悪感を抱きましたが、用意してくれた知人の好意をむげにするワケにもいかず、その場所でしばらく生活をしたのです。

 7歩歩けば玄関に出てしまう一間の部屋でしたが、どうせあの世にティッシュ一枚持っていけぬ身であれば、家や物へ執着するより生きている今を大事にしようと自分を納得させました。

 8階の部屋でしたが、200基ほどある墓を窓から見下ろしていると、気づいたことがありました。生前は大層な人物であったに違いない、大きく立派な墓に訪れる人とてなく、小さな墓に月命日と思われる日には花を手向けに訪れる人が必ずいたのです。

 人間は棺を蓋いてその位が定まる、ことを学びました。

 次に住んだマンションは窓から見えるのは隣の家の壁だけでした。息苦しさに鬱々とした日々を過ごしていましたが、加えて悩まされたのは目の前が産業廃棄物の会社であったことです。朝の4時を過ぎると5台の産廃トラックにエンジンがかかり、慌ただしい音を立てて出発していくさまが睡眠中の枕元にうるさく響いてくるのでした。

 最初はなんと朝から騒がしいことよと不快に感じていましたが、だんだんと腹が立たなくなりました。商売とはいえ、雨の日も嵐の日も一日も休むことなく、毎日こんな朝からご苦労さまなことと逆に心打たれるようになったからです。ともすれば自堕落になりがちな我が身に、「ヨシ、今日も自分も負けずに頑張るぞ」と随分と励む力となったのです。

 その次に移り住んだマンションの管理人は差別主義者でした。私ばかりでなく家族に対しても「ポルノ屋は出て行って欲しい」とあからさまな態度をとる中年男でした。

 どんな人生経験の末に管理人になったかわかりませんが、こんな偏狭な生き方をしていて、よくも体を壊さないものだと、かえって気の毒に感じたものです。

 今の住まいは東京郊外にあります。都心部でなければとのかたくなな考えを捨て、都心から電車で40分ほどの今のマンションに移ってきました。家賃は前のマンションと同じですが、広さが2倍近くあります。何と言ってもいいのは空気が澄んでいて、部屋から毎朝富士山が遠くに見えることです。

 あなたさまも現在の住居に納得がいかなければ、賃貸を幸いに別のお気に召す場所を探されてはいかがでしょうか。広い世間にはきっと格好な物件との出合いがあるはずです。

 また、自分の部屋を好きなように飾り立てる、はいかがでしょう。私は自分の狭い部屋の壁面に100枚ほどの家族や自分の写真を貼り、独りごちています。

「住めば都」で「置かれた場所で咲きなさい」を生きることが、年金暮らしを豊潤なものにしてくれるのではないでしょうか。

■悩み相談募集 

村西監督への相談、怒り、悩みを募集しています。ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、相談内容、電話番号を明記のうえ、〒104―8007 日刊ゲンダイ「村西監督相談」係まで。メールは<fudoutoku@nk-gendai.co.jp>まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る