出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

<25>お持ち帰りできる「ホテル内のカラオケ」で接待

公開日: 更新日:

 なぜ、ベトナム人実習生たちは現地の送り出し業者に対し、ベトナム政府が定める上限「3600ドル」(約37万5000円)を大幅に上回る手数料を支払って来日することになるのか。

 原因は大きく2つ。業者から政府当局の官僚たちに渡される「賄賂」と、日本側で実習生の仲介を担う「監理団体」への「キックバック」だ。監理団体の中には、実習生1人の受け入れにつき20万円以上を要求するところもある。しかも受け渡しは現金なので、証拠はまったく残らない。

 キックバック以外にも「サービス」を求める監理団体は少なくない。ハノイの大手送り出し業者幹部で、監理団体とのパイプ役を担うグエンさん(仮名・30代男性)が言う。

「監理団体の関係者が実習生の面接でベトナムを訪れる際は、渡航費やホテル代まで請求されることもあります。採用が決まった実習生の渡航費も同様です。日本の法律では受け入れ先の会社などが負担する決まりなのに、私たちに出せと言ってくるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  3. 3

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  4. 4

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  5. 5

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る