“欠陥”ワクチン接種サイトにチラつく政商・竹中平蔵の影

公開日: 更新日:

 メディアに逆ギレするのもいい加減にしたらどうだ。

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの「大規模接種会場」のネット予約で、自治体から配布される接種券に記されていない架空の番号を入力しても予約が取れてしまう問題を巡って、岸防衛相が“激オコ”だ。

 朝日新聞出版が運営するデジタルメディア「アエラドット」と「毎日新聞」が、架空の番号でも予約が取れるのかどうか、実際に検証したことに対して、〈接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為〉とツイート。加藤官房長官は架空予約について「法的手段も排除しない」とまで発言する始末だ。

■「論点のすり替え」と批判続出

 しかし、システムの欠陥を指摘したメディアにイチャモンをつけるのは、スジ違いもいいところだ。

 システムに欠陥があるとの情報を得て、実際に欠陥があるのかどうか確認するのは、メディアとして当然のことだ。検証がなければ欠陥も発覚しなかったはずだ。しかも、欠陥を確認した後、両社は予約をキャンセルしている。

 システムの欠陥が暴露され大恥をかかされたため、岸防衛相は逆ギレした可能性が高い。さすがに、ツイッターでは〈問題は、まともな予約システムを作れなかったことです〉〈論点のすり替え〉と、岸防衛相に対する批判が続出している。

 結局、防衛省は架空予約防止のため、システムを改修する方針。国民の命を守るワクチン接種がかかっているのだから、初めからキチンと備えておくべきだ。

防衛省はなぜマーソ社にサイト運営を委託したのか

 一方、どうにも不自然なのは、欠陥の見つかった予約サイトの運営に、パソナグループの竹中平蔵会長の影がチラつくことだ。

 予約サイトの最下部には、システム運営会社として「マーソ株式会社」と記載がある。登記簿によると同社は〈インターネット等のネットワークを利用した商品の売買システムの設計・開発・運用〉などを手掛けている。

 驚くことに、同社の顧問に竹中会長が名を連ねているのだ。竹中会長は、政府の諮問機関などに名を連ねる「政商」だ。防衛省はなぜマーソ社にサイト運営を委託したのか。委託費や契約内容はどうなっているのか。

 防衛省に問い合わせたが「大規模接種の件で担当者がバタバタしている」(人事教育局)と、締め切りまでに回答はなかった。マーソ社の担当者は「回答できることはない。防衛省に確認して下さい」とだけ話した。

 それにしても、岸防衛相はメディアを名指しで批判している場合なのか。故意に架空の番号を入力するのは悪質だが、予約時に入力ミスした場合の扱いはどうなるのか。ネットに慣れていない高齢者は、誤った番号を打ち込んでしまいかねない。システムに欠陥がなければ“エラー”となりはじかれるが、欠陥システムは“予約完了”としてしまった。

 この場合、高齢者の予約は無効となるのか、“法的手段”をとられてしまうのか、高齢者の不安は尽きない。岸防衛相は抗議より、国民への説明が先だ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る