今夏にはコロナが“ただの風邪”になっている可能性も…感染症の専門家が見解

公開日: 更新日:

沖縄県は6日、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多の980人前後になる見通しと発表した。オミクロン株の流行で、再び全国的にコロナ感染者が増加し、医療のひっ迫が懸念されている。毎年流行する季節性インフルエンザと同じ5類感染症に引き下げられるまでは現在の対策を取る必要があるためだ。今後、オミクロン株の流行が収まって“ただの風邪”となる日は来るのだろうか。

 浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫氏がこう言う。

「新型コロナウイルスも、インフルエンザ薬の『タミフル』や『リレンザ』に匹敵する、確固たる抗ウイルス薬が登場することが前提です。先日、厚労省が特例承認した米製薬大手メルク飲み薬『モルヌピラビル』は、RNAポリメラーゼという遺伝情報の複製に必要な酵素の働きを阻害し、ウイルスが増えないようにする薬です。入院や死亡リスクを30%減らすと言われますが、当初は50%程度とされていたので、データとしてはイマイチ効果を認められず、副作用も懸念しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」