サミット候補地に浮上で 志摩市“風俗島”から女の子が消えた

公開日:  更新日:

 来年夏、日本で開催される主要国首脳会議(サミット)の会場候補に三重県志摩市の賢島が急浮上だ。賢島は英虞湾に浮かぶリゾート地。本土側から2本の橋以外に渡る手段がないため、警備上も好都合という。

 志摩市の島というと、思いつくのが的矢湾の渡鹿野島だ。周囲6キロ、人口250人の小さな島だが、昔から「風俗の楽園」として栄えてきた。

「マスコミで話題になった30年前に行きました。日本人女性がたくさんいて、1万5000円払うと泊まりで本番ができた。関西や瀬戸内の女の子が50人以上、短期で稼ぎに来ていました」(ベテラン風俗ライター)

 AV監督の浜口リュウ氏は「7年前に行ったとき、女の子は日本、フィリピン、中国人がそれぞれ3分の1ずつで、3万円で本番つきで1泊できました。僕は30代のフィリピン女性を指名し、彼女のアパートに宿泊。女の子は30人前後と聞きました」と振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る