シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国人のセックス 結婚50年目以降に「回数アップ」のワケ

公開日:  更新日:

 “盆暮れセックス”が珍しくない日本人と違い、アメリカ人は、年を取っても夫婦間のセックスが重要視されます。それでも、「まさか、本当に!?」という驚きの声が全米のあちこちで上がったのが、ニューヨーク・タイムズなどで報じられた「アメリカ人の性生活、結婚50年目以降に向上」というニュースです。

 調査は、57~85歳の約1600人の既婚者に、性生活について尋ねたもの。この年齢のセックスライフは個人差が大きく、回答にも相当なばらつきがあったため、全体の傾向を見せるためにあえて「分析結果」として発表されました。それによると、彼らが月2~3回“性的な関係”を持つ可能性は、結婚1年目の人で65%、25年目で40%、50年目で35%と減少。ところが、それ以降は上昇に転じ、結婚65年目になると、42%という結果になったのです。

 調査を行ったルイジアナ州立大学のストループ博士は、結婚50年目以降に性的な関係を持つ人が増える理由を「そもそも長年連れ添ってこられたのは、理解し合える良い関係を築けたからこそ。そんな夫婦が社会との接点が減り、2人きりになった時、お互いの良さを再発見し、ありがたみを感じるようになるからでしょう」と答えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る