世界80カ国で調査 「南半球男性のペニス」はなぜ長いのか?

公開日: 更新日:

 南のほうがペニスが大きい――。こんな調査結果が話題になっている。カナダの健康器具メーカー「BodyRock」が世界80カ国のペニスを測定。その結果、長さで1位はアフリカのコンゴ民主共和国で平均18センチ。2位は南米エクアドルの17.5センチ、3位はアフリカのガーナで17.3センチだった。いずれも南半球だ。

 日本は11センチで73位。韓国と中国も同じだ。最下位は北朝鮮の9.7センチだった。世界の平均は14センチでカナダ、英国、スペイン、ウクライナ、ニュージーランドなどがこのサイズだ。

 なぜ南のほうが大きいのか。「むしろアジア人が短くなったと考えられます」とは医学博士の米山公啓氏だ。

「人類はアフリカで生まれ、ヨーロッパを経て世界に分散しました。アフリカ人のペニスのサイズが原点なのです。中国や韓国、日本は大昔に酷寒の地で、体温を奪われないよう体が小さくなった。目が細く鼻が低いのは凍傷を防ぐためです。同じ目的でペニスも小さくなったのでしょう。エクアドル人が大きいのは温暖だからと思われます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  4. 4

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

もっと見る