卒論テーマに選ぶ女子大生も「3D春画展」なぜ女性にウケる

公開日: 更新日:

 東京・銀座で開催中の「春画」展が20~30代のOLでごった返している。

「8割が若い女性です。あまりの反響に、急きょ水曜日にレディースデーを設けました。男性はほとんど見かけません」(銀座「春画」展実行委員会)

 さっそくのぞいてみると、葛飾北斎や歌川国芳などの原画のほか、3Dメガネで見る春画まであり遊び心が満載。飛び出すエロに「目がチカチカするー」と言いながら女子が大はしゃぎだ。

 監修は、一昨年、英国の大英博物館春画展でプロジェクトキュレーターを務めた石上阿希・国際日本文化研究センターの特任助教。日本で初めて春画研究で博士号を取得した“第一人者”である。なぜ、女性にウケているのか。石上氏はこう言った。

「江戸時代は、裸になることひとつにしても大したことではなかったんです。あまりに日本人が路上で裸でうろうろしていると外国人が驚いたというくらい。今より、性が明るく開けていました。現在、規制が厳しく性に窮屈さを感じている人が多い。そんななか、江戸時代のオープンな男女の絡みや同性同士、タコなどの空想といったシチュエーションの多様性は魅力的に映るのでしょう。絵そのものに深刻な問題提起がなされているわけではなく、滑稽で、性を笑い飛ばせます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る