高ヒット率と話題 アラフォー男子「相席屋 赤坂店」潜入ルポ

公開日:  更新日:

 さまざまな出会いスポットを取材してきた編集者からこっそり耳打ちされた。

「実は、相席屋は店によって女性の質が違います。特に六本木店、赤坂店が激アツ。普通に可愛いOLがいます」

 8月のとある土曜、TBS近くにある赤坂店へ向かった。

「今日は男性グループがほとんどいなくて……。現在は2人組の女の子が3組、待っている状態です。土曜はいつもこんな感じですね」(店員)

 着席すると、すぐに2人組女子が現れた。ひとりは姉御肌でノリがよさそう。もうひとりは清楚でお嬢さま風だ。聞けば、都内の病院に勤務する看護師の先輩後輩。ともに30代前半で、スイーツを食べた帰りに寄ってみたという。

 女性は食べ飲み放題・時間無制限タダだが、男性は平日30分1500円~。まずはビールで乾杯。酒が進むと打ち解けた雰囲気に。姉御肌の女性は「セフレが1人いる」とまで打ち明けてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る