「反射ではなく共感の勃起を」現役AV男優が実践するSEX術

公開日: 更新日:

 経験人数8000人、発射回数1万発超――。

 16年にわたってAV男優として第一線で活躍する森林原人氏(36)は、最難関の筑波大付属駒場中学卒という経歴の持ち主。さぞや知的なセックスを楽しんでいたのだろうと思ったら、デビュー前は“自主トレ”と風俗ばかり。「挿入から発射まで、ほとんどが間違えていました」と反省する。

「たとえば、男性は挿入してすぐピストンしますが、ちょっと間を持たせる方が膣とチンチンがなじみやすい。男性にとっては膣との密着感があり、女性には当たる感覚が増す。その間は、数十秒~1分半ほどです」

 行為中に女性は目をつむって意識を閉ざそうとする。本能でセックスに集中するためだが、そんなときに“間”を利用して意識を呼び戻してあげるといいという。

「○○ちゃんと名前を呼び、『中に入って気持ちいい』と素直に気持ちを伝えるようにキスをすると、彼女にスイッチが入って、膣が動いてフィットします。ところが、デビュー前の僕や一般の男性は、名前を呼ばない、気持ちを伝えない。逆をやってるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    “キュン”の達人 星野源×綾野剛ドラマは「恋つづ」超えるか

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    東京五輪冷静に考えるべき 引き返せないだけのお祭り騒ぎ

  9. 9

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  10. 10

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

もっと見る