• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お金かけず後腐れなし “不倫願望”隠し持つ「VERY妻」の生態

 現在、日本の不倫人口は推定500万人もいるという。そんな現状に、社会学的な観点からアプローチした新書「はじめての不倫学」(光文社)が反響を呼んでいる。著者で一般社団法人「ホワイトハンズ」代表理事の坂爪真吾氏がこう言う。

「『まさか自分が不倫するとは思わなかった』と多くの不倫経験者が語ります。今の日本では、それほど不倫は身近なのです。しかも、不景気によってデート代など不倫にかかるコストもますます安くなっている。“不倫人口”は増える一方だと思いますよ」

 家庭さえ壊れなければ、不倫は大歓迎という人も多いはずだが、今月、埼玉県警の巡査部長がオンナの生活費に困って殺人事件を起こしたように、不倫は常にリスクと隣り合わせ。だから、後腐れなく、なるべくお金をかけずに楽しむのが鉄則。そんな相手にピッタリなのが「VERY妻」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る