お金かけず後腐れなし “不倫願望”隠し持つ「VERY妻」の生態

公開日: 更新日:

 現在、日本の不倫人口は推定500万人もいるという。そんな現状に、社会学的な観点からアプローチした新書「はじめての不倫学」(光文社)が反響を呼んでいる。著者で一般社団法人「ホワイトハンズ」代表理事の坂爪真吾氏がこう言う。

「『まさか自分が不倫するとは思わなかった』と多くの不倫経験者が語ります。今の日本では、それほど不倫は身近なのです。しかも、不景気によってデート代など不倫にかかるコストもますます安くなっている。“不倫人口”は増える一方だと思いますよ」

 家庭さえ壊れなければ、不倫は大歓迎という人も多いはずだが、今月、埼玉県警の巡査部長がオンナの生活費に困って殺人事件を起こしたように、不倫は常にリスクと隣り合わせ。だから、後腐れなく、なるべくお金をかけずに楽しむのが鉄則。そんな相手にピッタリなのが「VERY妻」だという。

「VERY」は30~40代主婦向けライフスタイル誌。東横線、田園都市線沿線に住みながら、家事も育児も仕事もバリバリこなす“働くママ”を応援するような特集がメーンだが、「私たちとセックスレス」とか「妻だけEDの真実」といった生々しい企画もたまにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ