• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お金かけず後腐れなし “不倫願望”隠し持つ「VERY妻」の生態

 現在、日本の不倫人口は推定500万人もいるという。そんな現状に、社会学的な観点からアプローチした新書「はじめての不倫学」(光文社)が反響を呼んでいる。著者で一般社団法人「ホワイトハンズ」代表理事の坂爪真吾氏がこう言う。

「『まさか自分が不倫するとは思わなかった』と多くの不倫経験者が語ります。今の日本では、それほど不倫は身近なのです。しかも、不景気によってデート代など不倫にかかるコストもますます安くなっている。“不倫人口”は増える一方だと思いますよ」

 家庭さえ壊れなければ、不倫は大歓迎という人も多いはずだが、今月、埼玉県警の巡査部長がオンナの生活費に困って殺人事件を起こしたように、不倫は常にリスクと隣り合わせ。だから、後腐れなく、なるべくお金をかけずに楽しむのが鉄則。そんな相手にピッタリなのが「VERY妻」だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る