中村竜太郎
著者のコラム一覧
中村竜太郎ジャーナリスト

1964年生まれ。大学卒業後、会社員を経て、95年から週刊文春で勤務。政治から芸能まで幅広いニュースを担当し、「NHKプロデューサー巨額横領事件」(04年)、「シャブ&ASKA」(14年)など数々のスクープを飛ばす。「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」では歴代最多、3度の大賞を受賞。2014年末に独立し、現在は月刊文藝春秋などで執筆中。フジテレビ「みんなのニュース」のレギュラーコメンテーター。

<第8回>「才能、努力、運、どれをとっても完璧な人間が集まるのがホストの世界」とうそぶくが…

公開日: 更新日:
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 前回登場の美咲さんは10代の時、ホストにこう告白され同棲を始めたが、彼女の妊娠がわかった途端、ホストは蒸発。その後、彼女は何度も自殺未遂をしたという。

「17、18歳は遊びたい盛りで、正直何もわからない。そんな小娘にまでつけ込むのがホスト。まだ子供…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  8. 8

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る