<2>お腹を開いた結果…子宮と卵巣もがんにむしばまれ全摘

公開日:  更新日:

 キャストをロボットとして派遣する風俗「ロボットデリヘル」に私は所属している。病院でお腹のあちこちから管が出た、ボロボロの体を横たえながら、本当にロボットだったらいいと思った。駄目になったパーツを取り換え、それでも駄目だったら、スイッチをオフにして廃棄処分にしてくれ!

 がんの告知と同時に、妊娠も知らされた。ピルの間隙を縫って、子宝に恵まれたのだ。実家に帰って、シングルマザーにでもなるか。淡い期待はすぐに泡と消え、主治医は子宮温存の可能性に懸けようと言った。いや応なく初めての中絶手術が行われた。

 2回目の手術は、お腹を開いて、がんが小さければ子宮温存、広がっていたら子宮摘出と決まった。ただただ手術室が寒かった記憶しかない。寒い寒いと震えているうちに全身麻酔で意識が遠のいていった。頭痛とともに意識が戻り、8時間を超える手術が終わったと分かったとき、目に入ってきたのは付き添いの母の暗い顔だった。主治医が病室に来て、言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る