<2>お腹を開いた結果…子宮と卵巣もがんにむしばまれ全摘

公開日:  更新日:

 キャストをロボットとして派遣する風俗「ロボットデリヘル」に私は所属している。病院でお腹のあちこちから管が出た、ボロボロの体を横たえながら、本当にロボットだったらいいと思った。駄目になったパーツを取り換え、それでも駄目だったら、スイッチをオフにして廃棄処分にしてくれ!

 がんの告知と同時に、妊娠も知らされた。ピルの間隙を縫って、子宝に恵まれたのだ。実家に帰って、シングルマザーにでもなるか。淡い期待はすぐに泡と消え、主治医は子宮温存の可能性に懸けようと言った。いや応なく初めての中絶手術が行われた。

 2回目の手術は、お腹を開いて、がんが小さければ子宮温存、広がっていたら子宮摘出と決まった。ただただ手術室が寒かった記憶しかない。寒い寒いと震えているうちに全身麻酔で意識が遠のいていった。頭痛とともに意識が戻り、8時間を超える手術が終わったと分かったとき、目に入ってきたのは付き添いの母の暗い顔だった。主治医が病室に来て、言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る