厚労省案に反対する“民意”はほごにされるのか?

公開日:

 最近、ある新聞が「五輪の政治利用」に警鐘を鳴らす記事を掲載していた。改憲、共謀罪、福島原発事故の決着など、国民から反発の強い政策を推進させていくために五輪を利用しているという趣旨で、ナチス政権がベルリン五輪を国威発揚に利用したことと対比しながら検証したものだ。今の時代状況を考察する好企画なのだが、受動喫煙防止に向けた規制強化の動きには一言も触れていない。

 過去の五輪開催国の例を挙げ、法規制による受動喫煙防止強化を主張する塩崎恭久厚労大臣を筆頭に、五輪開催までに健康増進法改正案を成立、施行させて「建物内原則禁煙」「たばこフリー社会」の実現を叫び続ける強硬派は、五輪を利用していると言えないだろうか。

 地域政党・都民ファーストの会を率いる小池百合子都知事は「分煙では不十分で屋内禁煙を原則としていく」と公言。家庭内などプライベートな空間まで規制対象とする行き過ぎた考えも示し始めた。都議選では山積する都政課題があるのに、主要各党が揃って受動喫煙対策の条例化を公約に掲げる異例の事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る