厚労省案に反対する“民意”はほごにされるのか?

公開日: 更新日:

 最近、ある新聞が「五輪の政治利用」に警鐘を鳴らす記事を掲載していた。改憲、共謀罪、福島原発事故の決着など、国民から反発の強い政策を推進させていくために五輪を利用しているという趣旨で、ナチス政権がベルリン五輪を国威発揚に利用したことと対比しながら検証したものだ。今の時代状況を考察する好企画なのだが、受動喫煙防止に向けた規制強化の動きには一言も触れていない。

 過去の五輪開催国の例を挙げ、法規制による受動喫煙防止強化を主張する塩崎恭久厚労大臣を筆頭に、五輪開催までに健康増進法改正案を成立、施行させて「建物内原則禁煙」「たばこフリー社会」の実現を叫び続ける強硬派は、五輪を利用していると言えないだろうか。

 地域政党・都民ファーストの会を率いる小池百合子都知事は「分煙では不十分で屋内禁煙を原則としていく」と公言。家庭内などプライベートな空間まで規制対象とする行き過ぎた考えも示し始めた。都議選では山積する都政課題があるのに、主要各党が揃って受動喫煙対策の条例化を公約に掲げる異例の事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る