厚労省案に反対する“民意”はほごにされるのか?

公開日: 更新日:

 最近、ある新聞が「五輪の政治利用」に警鐘を鳴らす記事を掲載していた。改憲、共謀罪、福島原発事故の決着など、国民から反発の強い政策を推進させていくために五輪を利用しているという趣旨で、ナチス政権がベルリン五輪を国威発揚に利用したことと対比しながら検証したものだ。今の時代状況を考察する好企画なのだが、受動喫煙防止に向けた規制強化の動きには一言も触れていない。

 過去の五輪開催国の例を挙げ、法規制による受動喫煙防止強化を主張する塩崎恭久厚労大臣を筆頭に、五輪開催までに健康増進法改正案を成立、施行させて「建物内原則禁煙」「たばこフリー社会」の実現を叫び続ける強硬派は、五輪を利用していると言えないだろうか。

 地域政党・都民ファーストの会を率いる小池百合子都知事は「分煙では不十分で屋内禁煙を原則としていく」と公言。家庭内などプライベートな空間まで規制対象とする行き過ぎた考えも示し始めた。都議選では山積する都政課題があるのに、主要各党が揃って受動喫煙対策の条例化を公約に掲げる異例の事態になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  9. 9

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る