おっさん同士が恋…ドラマでアブノーマルが求められる背景

公開日: 更新日:

「浮気や不倫をテーマにしたラブストーリーは、つまらない。芸能界のニュースに“小説より奇なり”のネタが次から次へと飛び出していますからね。そんなときに、ノーマルな話を取り上げても受けません。ノーマルに飽きた人は、小道にそれてそれぞれのアブノーマルの可能性を探ります。その究極が、LGBTでしょう。私の知人女性はバイセクシュアルで、性転換した男性と女性しか興味がないといいますからね」

 AVのジャンルも多様化し、妻や彼女が寝取られるシリーズが受ける時代。亀甲縛りくらいの緊縛はともかく、手錠や目隠しといったソフトSMはアブノーマルとはいえないかもしれない。

「ニッチが受ける時代ですから、性的にはアブノーマルが受けるのです。そのアブノーマルの中にも、たくさんのニッチがある。みんな、そこを探しているということですよ。ドラマが視聴率を取れるかどうか分かりませんが、この流れはとても興味があります。『浮気された相手が、同性だった』というテーマは、飲み屋話でも大いに盛り上がりますが、現実もそんなネタ的な話に近づいてきたということです」(キム氏)

 分からないというあなたは、まずドラマで勉強だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る