20代で結婚相談所に…効率性を重視する“戦略女子”の生態

公開日: 更新日:

「40代以上の女性が結婚できる可能性は1%」――。政府の統計などで、
婚活の厳しさが指摘される中、ここ数年、入社1~2年目の若い女性が結婚相談所を訪ねるケースが増えているという。彼女たちは草食系とは違う。ただ単に、恋愛が面倒だというのだ。

 結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸氏がこう言う。

「20代のある女性会員は“恋愛の駆け引きは面倒”と話していました。相手の言動にハラハラしたり、ケンカしたりといった煩わしいやりとりを省略し、最短コースで結婚したいと言います。少子化で親から大事に育てられたこともあって、傷つきたくないのです」

 近年は就職率も高く、一人で何社も内定を得られる時代。結婚にだって、“挫折”を経験したくないというわけだ。

■目標を掲げて条件を満たす相手を探す

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  10. 10

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る