二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

弁護士・水野祐さん<下>

公開日:

二木 そもそも弁護士になろうと決めたきっかけは何ですか。学生時代から目指していたのですか。

水野 大学(慶応大法学部)では映画サークルや音楽サークルなどに入っていました。もっとも、酒を飲んだり、ライブや映画館で遊んでいただけでしたが(笑い)。高校生の頃からサブカルチャーには興味がありましたが、弁護士になるなんて考えていませんでしたね。

二木 そんな学生生活の中で、どんな変化があったのでしょうか。

水野 映画サークルでは一応、監督として作品も作りました。周囲には当時からクリエーティブな活動で食っていくんだという友人もいて、すごいなと、はた目で見てましたね。そういう中で、クリエーターを囲む創作環境に興味を持つようになりました。ゆくゆくはプロデューサーとか編集者とかクリエーターをバックアップする仕事に就ければと思っていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る