二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

ジャーナリスト・津田大介さん<上>

公開日: 更新日:

 今回のゲストはジャーナリストの津田大介さん。本コラムには2015年3月以来、2度目の登場だ。この数年でスマホやSNSの利用者が急拡大したなかで、ウェブは政治や社会にどれだけの影響力を持つようになったのか。ウェブ社会の功罪と課題をとことん語っていただいた。

二木 津田さんが「ウェブで政治を動かす!」を出されたのが2012年のことです。それから6年になりますが、ウェブの影響力ははるかに拡大してきていますね。

津田 あの本でウェブが政治に与える影響を考察しました。この数年の動きを見ると、悪い意味でその通りになってしまいました。財務省の公文書改ざんという民主主義の根幹を揺るがす不祥事が起きたにもかかわらず、安倍政権の支持率は35%までは下がっても、それ以下にはならない。政権を支える岩盤が崩れない。ネットからのみ情報を摂取している層が支持しているからです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る