弁護士・水野祐さん<上>

公開日:  更新日:

 今回のゲストはクリエーター、起業家らの自由な活動をサポートするためにさまざまな問題に取り組んでいる弁護士の水野祐さん。アートと法律の問題を分かりやすく、ときには熱くなりながら語っていただいた。表現者である二木さんも興味津々といったところ。さあ、水野ワールドへようこそ。

二木 ご著書の「法のデザイン」を読んで、水野さんはクリエーターに寄り添いながら法律を変えていこうとされているんだな、と受け止めました。

水野 弁護士であることが自分の目的ではなくて、起業家を含む広い意味でのクリエーターが自由に活動できる環境というか、日本がクリエーティブになっていく環境をどうつくっていくかが自分の使命だと思っています。

二木 2013年に独立され、仕事の領域は広がりましたか。

水野 この数年はスタートアップ(創業したばかりの企業)やベンチャーの仕事が増え、比重としてはクリエーティブ系よりも多くなっています。個性的な人が多い起業家も、事業を創(つく)るクリエーターだと捉えています。職業ジャンルに関係なく、事業を創る人、作品を創る人、ジャーナリストも、広い意味でのクリエーターが元気に活動できる社会をどうやったら創っていけるかということをずっと考えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る