フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん<上>

公開日:

 今回のゲストはフォトジャーナリストとして世界中を飛び回っている安田菜津紀さん。ジャーナリズムの世界に入ったきっかけ、紛争地の子どもたちや女性たちとの交流、東日本大震災の被災地での活動など、興味深い話の連続です。

■カンボジアの元トラフィックチルドレンの家族を思う生き方に大きな衝撃

二木 フォトジャーナリストになられた原点はどこにあるのでしょうか。

安田 高校2年生の時に、NGO「国境なき子どもたち」の友情のリポーターとしてカンボジアを訪れました。中学生の時に父と兄を亡くしていた私にとって、“家族ってなんだろ”というのが当時のもんもんとしたテーマでした。外国の全く違う環境で生きている同世代の子たちと触れ合う中で、どういう価値観を持って生きているのかを知るのは、自分の中のもやもやに答えをくれるかもしれないと思って応募し、派遣されたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る