二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

弁護士・水野祐さん<中>

公開日:

二木 フェアユースが日本に導入されない問題ですが、その背景には権利者側の反対があるからですか。

水野 新聞社やテレビ局などで構成されている権利者団体が反対していることが大きな障害となっているといわれています。

二木 権利者側からすると、どんどん権利を侵害されてしまう。

水野 権利を少しでも緩める方向にするための議論は、自分たちの食いぶち、権利を弱めるという考え方ですね。

二木 海賊版サイトの「漫画村」をめぐる議論が話題になりました。

水野 「漫画村」がいい存在だとはけっして思いません。ただ、例えば出版社の垣根を越えたより良いサービスをユーザーに提供するとか、フリーに読ませて別の場所で対価を取っていこうとか、新しい市場を形成していこうというタフな戦略も考えられるのに、それを検討もせずに(権利者の方々は検討したうえでやらないことにしたという判断でしょうが)、意固地になっているのではないかと思いますね。私も自分の主張を押し付けたいわけではなく、フラットな議論が重要なことだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る