• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

弁護士・水野祐さん<中>

二木 フェアユースが日本に導入されない問題ですが、その背景には権利者側の反対があるからですか。

水野 新聞社やテレビ局などで構成されている権利者団体が反対していることが大きな障害となっているといわれています。

二木 権利者側からすると、どんどん権利を侵害されてしまう。

水野 権利を少しでも緩める方向にするための議論は、自分たちの食いぶち、権利を弱めるという考え方ですね。

二木 海賊版サイトの「漫画村」をめぐる議論が話題になりました。

水野 「漫画村」がいい存在だとはけっして思いません。ただ、例えば出版社の垣根を越えたより良いサービスをユーザーに提供するとか、フリーに読ませて別の場所で対価を取っていこうとか、新しい市場を形成していこうというタフな戦略も考えられるのに、それを検討もせずに(権利者の方々は検討したうえでやらないことにしたという判断でしょうが)、意固地になっているのではないかと思いますね。私も自分の主張を押し付けたいわけではなく、フラットな議論が重要なことだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る