安倍政権下の日本と酷似…ソ連経済は「統計偽装」で崩壊

公開日: 更新日:

 厚労省「毎月勤労統計」の不正調査に続き、GDPのかさ上げ疑惑も浮上し、統計への信頼がガタガタになっている。安倍首相は、毎勤の問題を「セーフティーネットへの信頼を損なう事態を招いたことについておわび申し上げる」と矮小化に懸命。このままでは国が滅びかねないが、ソ連崩壊に大きなヒントがあった。

 1党独裁の下、ソ連政府は経済統計を改ざんしまくり、「経済はうまくいっている」「米国を超えた」などの喧伝を繰り返した。

 同時に、ソ連は統計についての自由な研究を封じていた。1985年にトップに就いたゴルバチョフ書記長(写真)のグラスノスチ(情報公開)で、ようやく研究が許されるようになり、統計の正体が暴かれるようになった。

 87年、ジャーナリストのセリューニンと経済学者のハーニンが衝撃の論文を披露した。〈別表〉の通り、両氏が推計した国民所得の成長率は、ソ連の公式統計とこんなに違っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る