好きなことで稼ぐ 月1万円の収入増で新しい体験ができる

公開日: 更新日:

「健康とお金に関する非専門家の記事は検索上位に上げない方針だと推測されています。今後はのんくらさんやa―kiさんのような趣味のサイトこそが生き残っていくのでは」(染谷さん)

 自分のサイトを検索結果上位に表示させる対策をSEO(サーチ・エンジン・オプティミゼーション=検索エンジン最適化)と言う。グーグルによる検索表示の仕組みを追いかけることは大事だが、検索アルゴリズム(計算手順)は250以上あるとも。王道はやはり、自分が熱くなれるジャンルで読者の悩みに向き合うコンテンツをつくることなのだろう。

「会社で副業が禁止されている方は今のうちにブログを書きためておくのも手。国の方針も原則として副業を認めるように転換しています。月に1万円でも定期収入が増えれば、新しい体験をして別の情報発信ができる。ただし、くれぐれもマネタイズは無理をしないように取り組みましょう」(染谷さん)

 本業があるからこその副業だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る