推定利回り6~8%に熱視線 トランクルーム投資は儲かるか

公開日: 更新日:

“10%前後の利回りを期待できる”という触れ込みで、数年前からコインランドリー投資がサラリーマンの副業として注目されている。ただ、おいしい話には誰もが飛びつきたがる。コインランドリーが乱立し、儲けが減って苦戦する個人投資家も増えているようだ。

 最近、新手の投資として熱視線が注がれているのがトランクルーム投資だ。建築ラッシュで東京都心の賃貸マンションの想定利回りは4%台に低下。矢野経済研究所によると、トランクルーム投資は推定6~8%の利回りが見込めるといい、相対的に魅力のある投資先に映るようだ。トランクルームの市場規模はこの10年間で継続的に6~9%の成長を続けてきたが、さらなる需要増も予想されているという。

「当社は現在、首都圏のエリアに80店舗のトランクルームを展開しています。これを7年後には200店舗に増やす方針です。ニーズが増えているのは都心への一極集中が考えられます。住居スペースが年々狭くなっているため、レンタル収納スペースを趣味の道具やコレクション、洋服や家電など季節品の置き場所にする人が増えているのだろうと分析しています」(トランクルーム「プライベートBOX」を運営する京葉物流の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る