EVで存在感が急上昇「オリジン電気」は仕込みのチャンス

公開日: 更新日:

 米中の貿易摩擦と技術の覇権争いは激しさを増している。次世代移動通信規格「5G」も、両国が力を入れている分野だ。

 オリジン電気(6513)は、5G関連メーカーとしての注目度が高い。5Gは、高い周波数を使用するため、これまで以上に電波の直進性を補う必要が生じる。そのため小規模な移動体基地局の増加が想定されるが、同社は基地局用電源を手掛けている。業績拡大の起爆剤となりそうだ。

 電気自動車(EV)の普及もオリジン電気に追い風だろう。蓄電システムに定評があり、車載のほか、充放電装置を搭載した産業用・業務用向けの中・大容量は得意分野だ。

 最新のパワー半導体を採用し、高効率、軽量化、小型化を実現した。万が一の災害時にも蓄電器は活躍する。

 昨年、北海道で起きた停電(ブラックアウト)などの際には、対応可能なシステムとして脚光を浴びた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る