小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

経営危機の「大塚家具」“かぐや姫”久美子社長が進む茨の道

公開日: 更新日:

 経営危機に瀕している大塚家具の「かぐや姫」こと、大塚久美子社長がどうにか資本支援に道をつけた。久美子氏は昨年6月ごろから、10社以上の候補先と資本・業務提携交渉を進めてきたが、結局、最後にホワイトナイトとなったのは日中間の越境EC(電子商取引)の運営・支援を手掛けるハイラインズと、米系ファンドのイーストモア・グローバルという海外勢だった。

 両社からの第三者割当増資などにより、総額76億4877万円を調達する予定だ。同時に、大手家電量販店のヤマダ電機と業務提携を結ぶ。これで課題であった財務基盤の強化と販売力の底上げが展望できることになり、「大塚家具が破綻することはなくなった」(大手信用情報機関)と受け止められている。

「久美子氏の粘り腰ということだろうね」

 あるメガバンクの幹部は、今回の大塚家具の資本調達を評価する。もともとヤマダ電機との提携は久美子氏が持ち込んだ話だったが、反久美子氏側に漏れて潰されたとみられていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る