櫻井英明
著者のコラム一覧
櫻井英明株式アナリスト

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。1980年明治大学卒業。日興証券で機関投資家の運用トレーダー、「株式新聞Weekly編集長」などを経て現職。主な著書に「いよいよ来るぞ!! ゆうちょ相場でイヤというほど儲けたければ株を買いなさい」(アスカビジネス)など。

利益重視の独立系SW関連「システムインテグレータ」に注目

公開日: 更新日:

 システムインテグレータ(3826)に注目する。独立系ソフトハウスで、パッケージソフトウエアが中核。ERP(基幹系業務システム)とEC(電子商取引)サイト構築パッケージなどウェブ中心のパッケージソフトの販売・保守・カスタマイズ、総合プロジェクト管理システム、データベース開発支援ツールで拡大してきた。

 中期経営計画「Break2018」で掲げられた5つの基本方針は①既存事業のシェア拡大②海外拠点の確立③AI事業の確立④社員のスキル向上⑤国内トップの合理化企業。計画初年度の前年度は、当初計画を上回り順調な1年目。同社の主要3事業ともに事業環境は良い状況が継続していることから、利益重視で着実に成長する方向性を強化している。

 今期(20年2月期)の売上高成長率は当初目標の20・0%から13・1%に平準化。バラツキの少ない堅実な成長を持続する計画に修正している。売上高の平準化は市場から誤解されやすい部分だが、今来期ともに経常利益目標は引き上げており、「利益重視」の姿勢は評価されるべきだと考える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る