レオパレス社長退任へ 施工不良問題で690億円赤字に転落

公開日: 更新日:

 アパートの施工不良が相次いで発覚した賃貸住宅大手「レオパレス21」は9日までに、深山英世社長(61)が6月に退任し、宮尾文也取締役常務執行役員(59)が社長に昇格する人事を固めた。

 同社は9日、2019年3月期に巨額の特別損失を計上し、連結最終損益が690億円の赤字に転落する見通しだと発表した。10年2月から社長を務めている創業家出身の深山氏が経営責任をとって退く形となった。

 同社は各住戸間や屋根裏の仕切り壁の「界壁」施工をめぐり建築基準法違反が発覚。3万9085棟すべての調査を進めている。この問題を巡っては、弁護士3人でつくる外部調査委員会が、再発防止策や役員の責任について検討した結果を5月中に最終報告する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る