「理研ビタミン」は画期的な新技術でわかめの二期作に成功

公開日: 更新日:

 ドレッシングやわかめスープで知られる理研ビタミン(4526)に注目する。

 日本の頭脳集団とされてきた理化学研究所(略称・理研)をルーツに持つ高い技術開発力のある企業だ。1949年に理研からビタミンA部門を引き継ぐ形で独立。抽出、精製、濃縮技術をコアに、各種ビタミンの開発などに注力してきた。

 家庭用では乾燥カットわかめの「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ」などを発売。人気商品だが、実はわかめ生産量は減少傾向にある。

 自然環境で育つわかめの収穫は、冬から春にかけての年1回だ。理研ビタミンは、同じ養殖場で早生種と晩生種の2品種を組み合わせて育成することで、年2回収穫の二期作を可能にする技術の開発に成功。2020年代にも二期作をスタートさせる計画という。

 海外事業ではパンに絡む改良剤が売れている。日本食人気はパン分野にもおよび、日本の「ふっくら仕上げ」「もっちりパン」は大モテらしい。パンやケーキの食感をよくする改良剤は、植物油脂から抽出する乳化剤が原料。戦後間もないころ、魚の肝臓からビタミン油(肝油)を抽出する技術の応用で乳化剤の抽出に成功し、60年に改良剤の量産を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る