「理研ビタミン」は画期的な新技術でわかめの二期作に成功

公開日: 更新日:

 ドレッシングやわかめスープで知られる理研ビタミン(4526)に注目する。

 日本の頭脳集団とされてきた理化学研究所(略称・理研)をルーツに持つ高い技術開発力のある企業だ。1949年に理研からビタミンA部門を引き継ぐ形で独立。抽出、精製、濃縮技術をコアに、各種ビタミンの開発などに注力してきた。

 家庭用では乾燥カットわかめの「ふえるわかめちゃん」や「わかめスープ」などを発売。人気商品だが、実はわかめ生産量は減少傾向にある。

 自然環境で育つわかめの収穫は、冬から春にかけての年1回だ。理研ビタミンは、同じ養殖場で早生種と晩生種の2品種を組み合わせて育成することで、年2回収穫の二期作を可能にする技術の開発に成功。2020年代にも二期作をスタートさせる計画という。

 海外事業ではパンに絡む改良剤が売れている。日本食人気はパン分野にもおよび、日本の「ふっくら仕上げ」「もっちりパン」は大モテらしい。パンやケーキの食感をよくする改良剤は、植物油脂から抽出する乳化剤が原料。戦後間もないころ、魚の肝臓からビタミン油(肝油)を抽出する技術の応用で乳化剤の抽出に成功し、60年に改良剤の量産を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき