1億円プレーヤー564人は過去最多 “高額役員報酬”トップ30

公開日: 更新日:

 株主総会が一段落し、上場企業の役員報酬額がほぼ出揃った。東京商工リサーチがまとめた2019年3月期の「役員報酬1億円以上開示企業」調査によると、1億円以上の報酬を受け取った役員は275社、564人(6月28日17時現在)。前年より35社、26人増え、会社数、人数とも過去最高を更新した。

 別表が報酬ランキングの上位30人。目立つのは外国人の多さだ。実に10人がランクインしている。グローバル化の中、外国人役員をヘッドハンティングする企業が増え、欧米並みの高い報酬が支払われるためとみられる。

「特定の会社に集中しているのも際立ちます。ソフトバンクグループは今や投資ファンドで、実業会社ではなくなっています。武田薬品工業の高額報酬には疑問を感じます。大型買収(シャイアー)は実現したものの、まだ結果が出ていない。業績主義ではなく“業績先取り主義”になっていやしませんか」(経済ジャーナリスト・有森隆氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る