商戦本番は夏…高級ランドセルが飛ぶように売れる理由

公開日: 更新日:

 今年もまだ7月にもかかわらず、来年入学の小学1年生向けのランドセル商戦が過熱しているという。実際、繰り返し流れるテレビCMを見た人も多いことだろう。ここ数年、予約注文のタイミングが早まっており、今年もすでに3月末から始まり、早くも6月末には完売したところもあるなど、“ラン活”熱がさらに加速している。

 なかでも人気なのが、工房系ランドセルや高級ブランドとのコラボ限定商品といった高価格ランドセルだという。 

 大手百貨店では、子ども服ブランド「ミキハウス」のランドセル、阪急電車1000系やスイーツブランド「ピエール・エルメ」とのコラボ商品など、いずれも6万円は下らない高価格帯だ。

 その一方で、高品質でリーズナブルなランドセルも出回っている。家具雑貨の製造小売大手のニトリやスーパー大手の西友などは1万円台の低価格のランドセルを販売している。一見、作りはしっかりしていて何も問題ないような印象を受ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る