杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

NY市場に上場したての「フリーシア」はヘルスケアに強み

公開日: 更新日:

 アメリカ市場は昨年来、IPO(新規公開)ブームである。毎週4~5銘柄が上場、年間では200銘柄前後に達する。日本市場の倍以上のスケールだ。

 7月18日には6銘柄のIPOがあった。内外の機関投資家はアメリカ株買いの日本株売りのポジション(ロング&ショート戦略)を組んでいるという。

 個人投資家(資産家、およびネットトレーダー)はアメリカ市場のIPOを狙う傾向が強い。このため、IPO銘柄の玉はすんなり消化されている。

 フリーシア(PHR)は7月18日に、ナスダックに上場した。公募価格は18ドル、初値は26.75ドルだった。その後は25ドルがらみでの値動きとなっている。

 今回のIPOによって、約1億6800万ドルを調達した。約180億円だ。これは新規投資に充当する。IPOの活況は新興企業の成長を支援、加速させることになろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る