杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

NY市場に上場したての「フリーシア」はヘルスケアに強み

公開日: 更新日:

 アメリカ市場は昨年来、IPO(新規公開)ブームである。毎週4~5銘柄が上場、年間では200銘柄前後に達する。日本市場の倍以上のスケールだ。

 7月18日には6銘柄のIPOがあった。内外の機関投資家はアメリカ株買いの日本株売りのポジション(ロング&ショート戦略)を組んでいるという。

 個人投資家(資産家、およびネットトレーダー)はアメリカ市場のIPOを狙う傾向が強い。このため、IPO銘柄の玉はすんなり消化されている。

 フリーシア(PHR)は7月18日に、ナスダックに上場した。公募価格は18ドル、初値は26.75ドルだった。その後は25ドルがらみでの値動きとなっている。

 今回のIPOによって、約1億6800万ドルを調達した。約180億円だ。これは新規投資に充当する。IPOの活況は新興企業の成長を支援、加速させることになろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る