杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

NY上場IPO銘柄「スラック・テクノロジーズ」はSaaSの本命

公開日: 更新日:

 スラック・テクノロジーズ(WORK)はNY市場に上場している。6月20日上場のIPO(新規公開)銘柄だ。上場に際し、新株の発行はなかった。こんなケースを「直接上場(ダイレクト・リスティング)」と称する。

 初値は38.5ドルだった。その直後、42ドルの高値をつけたものの、現在は36~37ドル前後でもみ合っている。高い成長性と抜群の競争力を誇る。この押し目(30ドル台前半を狙う)は絶好の買い場だろう。

 マーケットでは大型コンピューターを持たず、ソフトウエアのサービスを受ける「SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)」の本命といわれている。時価総額は2.3兆円(発行株式数は6億株)と超大物だ。それだけに、内外の機関投資家のターゲットになり得る。

 メインビジネスは従来の電子メールに代わる職場(法人)向けメッセージアプリの提供だ。1日当たりのアクティブユーザー数は1500万人、150カ国・60万カ所の組織(会社)で利用されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る