茨城生まれのフランス育ち 「干し芋」がお土産にブーム

公開日: 更新日:

 茨城県のお土産として「干し芋」のブームが再燃している。干し芋というと、夏休みにおばあちゃんの家に行くと、軒先に干し柿と姉妹のようにぶら下がっていた記憶がある。こっそり取って、赤トンボを見ながら食べたものだ。

 ただし、この天然の健康食も近年は消費量が激減。全国流通の9割が茨城県で生産されているが、お世辞にも“おしゃれ”な食品とは言い難い。それがなぜ、お土産として脚光を浴びているのか? 実は若い女性たちの新たな発想だ。

 地元の食品グループ「小野瀬フーズ/小野瀬水産」(本社・筑西市)が、「干し芋オランジェッタ」のネーミングで昨年に商品化。2019年「日本ギフト大賞」で都道府県賞にも輝いている。オランジェッタとは、砂糖漬けの柑橘類の皮(ピール)をチョコレートでコーティングしたフランスのスイーツ。商品を開発した同社の小野瀬あや子社長に聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る