8月の低迷相場に市場が熱視線 GPIFが保有するトップ30銘柄

公開日: 更新日:

 8月相場は低迷――。これが市場の大方の見方だ。何しろ海外投資家は昨年まで9年連続で8月は「売り越し」(現物)。今世紀に入ってからの8月騰落率は7勝11敗と勝率は38.8%にすぎない。

 ところが、そんな夏枯れ相場を乗り切る「知恵」が市場で話題になっている。

「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の保有銘柄を参考にする手はあるでしょう。GPIFは年に1度、全保有銘柄を公表しています。巨大投資家が目をつける優良株という見方ができます」(市場関係者)

 GPIFの2019年6月末時点の運用残高は159兆2133億円。そのうち37兆7642億円が国内株式だ。どんな銘柄を保有しているのか。

 最新の保有株公開は19年3月末時点。ダントツはトヨタ自動車で資産価値(時価総額ベース)は1兆3184億円。2位はソフトバンクグループ(6667億円)、3位は三菱UFJFG(6185億円)だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る