逆転した金とプラチナの価格差を利用する“サヤ取引”とは?

公開日: 更新日:

金投資編(6)

 金価格が乱高下している。6月28、29日に行われたG20大阪サミットで米中貿易戦争の停戦が合意されたことから、金が売られ価格が下がったが、その後は一気に価格を戻した。取引も活発だ。金価格に連動するETF「純金上場信託」を見ると、6月上旬まで1日の出来高は2万程度だったが、最近では8万程度と4倍になっている。

 将来の金価格を予測するのは難しいが、リスクを抑えながら、利益を狙う方法はある。「サヤ取引」と呼ばれる方法だ。仕組みはいたってシンプル。値動きが似ている2つの銘柄を選んで、価格差が広がったり、狭くなったりするタイミングをとらえて売買する手法だ。金とプラチナも価格の相関性が高いことが昔から知られている。

 金とプラチナの価格差が開いたときには、「いずれ価格差は元に戻る」と想定して売買する。

■逆転していた2つの貴金属

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る