「大陽日酸」人気魔法瓶・サーモスも手掛ける化学メーカー

公開日: 更新日:

 ようやく秋めいてきたが、今年の夏も暑かった。水分補給のため水筒を持ち歩くサラリーマンは結構多い。人気の魔法瓶タイプ「THERMOS(サーモス)」を手掛けているのが大陽日酸(4091)だ。子会社の「サーモス」(100%出資)が展開し、前期(19年3月期)の売上収益は278億円(18年3月期比9・6%増)、セグメント利益は91億円(同18・6%増)と好調だった。

 ただ、サーモス事業は大陽日酸のごく一部に過ぎない。全体の売上収益に占めるサーモス事業は4%(19年3月期)。売り上げの約半分は国内ガス(49%)だ。

 鉄鋼や半導体、化学などの生産ラインで使われる窒素、酸素といった産業用ガスで国内シェア4割を誇るトップで、世界でも5本の指に入る。特に、特殊ガスに強みがあり、半導体・液晶・太陽電池など電子向けのガスおよび機器は世界3強の一角を占める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る