たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

菅官房長官の後押しも? 格安スマホの日本通信が面白い

公開日: 更新日:

 先週ストップ高も交えて急騰した日本通信(9424)。材料実現の可能性大で面白い?

 格安スマホ事業を営む日本通信が、「音声サービス料金の大幅引き下げの裁定を総務大臣に求めた」と、メディア一が斉に報じ、19日(火)にストップ高、翌日も商いを伴って高値を更新した。ただ、出来高が1日で2億弱に達した事もあり、週後半の株価は調整モードとなっている。

 しかし、菅官房長官は以前より、「携帯料金は高すぎるので、4割程度引き下げられる事が望ましい」と発言し、楽天の携帯電話事業参入も歓迎していた。残念ながら楽天モバイルの基地局整備などの遅れにより、同社の事業開始時期も不透明になり、既存キャリアも料金引き下げを進めていない。

 格安スマホ会社が、キャリアに払うデータ通信の卸料金は、総務省の算定基準に基づき引下げが進み、ユーザー料金はキャリアも格安スマホも大差ない状況になってきている。しかし、音声通信の卸料金は2011年以降低下していず、定額かけ放題プランを導入しているキャリアに対し、格安スマホが不利な状態に追い込まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る