たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

半導体関連「アテクト」初速の早いボールは距離が出る!

公開日: 更新日:

 3週間前に当コラムで紹介したアテクト(4241)の株価は、1200円台から1500円台を伺う動きを示している。兜町の名物ディーラーいわく、「初速の早いゴルフボールは距離が出る、株も初速が早ければ到着点は非常に高くなる」。アテクトはまさにこの格言を辿っていると感じられる。

 11月8日の決算発表(20年3月期の第2四半期)。注目の半導体保護資材・スペーサーテープの生産能力は従来約650万メートルだったが、5月から能力増強の投資を行い、7月以降は韓国工場で2交代制の生産シフトを敷き、足下1000万メートルを超えているとの噂もある。

 スペーサーテープは、液晶テレビや有機ELテレビに搭載するLSIを保護するもので、フルハイビジョンから4Kテレビに移行すると、テレビ1台当たり2.7倍のテープが必要になり、8Kになると更に2倍のテープが必要になる。既に4Kテレビの占有率(販売台数)が5割を超えており、地デジの移行時よりも大きなインパクトをもたらしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る