元記者起業のクラフトビールメーカーが兜町に出店する理由

公開日: 更新日:

 これまでピルスナーを代表とするラガービールが主流だった日本に、個性的な香りや味わいが楽しめるクラフトビールが浸透しつつある。国内のビール市場が縮小傾向にあるなか、キリンビールは大手ビールメーカーの中でもクラフトビールのジャンルに積極的で、従来のビールファンだけでなく普段ビールを飲まない層を取り込もうとしている。

 アメリカの大手クラフトビールメーカー、ブルックリン・ブルワリーと合弁で日本法人を設立。これまで日本では主に業務用の販売をしてきたが、2020年2月にブルックリン・ブルワリーの世界で初めての旗艦店を日本橋兜町にある、渋沢栄一が設立した元第一銀行の今も現存する建物内(地下1階)にオープンさせる理由は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る