中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

ビーガン急増中「キッコーマン」「不二製油」に投資妙味

公開日: 更新日:

 米中両国は先週15日、貿易交渉「第1段階」合意に署名。米国は中国製の携帯電話端末、玩具、ラップトップコンピューターなどに対する関税発動を見送り、テレビや履物などを含む約1200億ドルの関税率を15%から7・5%に引き下げる。

 2500億ドルの中国製品に対する25%の関税措置は残り、中国も1000億ドル超の米製品への報復関税措置は取り下げない。ただ両国は「包括経済対話」再開では合意した。

 トランプ大統領は「第2段階の交渉はすぐに始まるが、大統領選後まで妥結を見送るべきかもしれない。その方がもっと良い、はるかに良い取引に持ち込めると思うからだ」と語った。

 そのトランプ氏は24日までスイス・ダボスで開催される年次総会・ダボス会議に出席したが、首脳会談を期待した習近平国家主席、プーチン大統領らは参加しないもよう。トランプ氏が否定する地球温暖化、その環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん(17)も2年連続で参加した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る