佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

コロナ禍だから業績を伸ばした移動スーパー「とくし丸」

公開日: 更新日:

 コロナ禍でも、いや、コロナ禍だからこそ、「とくし丸」は業績を伸ばしている。

 買い物難民のための移動販売で“おばあちゃんのコンシェルジュ”をめざした。その移動販売車が全国で600台を越え、還暦を過ぎたばかりの創業者、住友達也は、今夏、40代の後継者に社長の座を譲った。そのグループに入ったオイシックスから担当として派遣されてきていた人である。創業から10年にもならないのに投手交代をやるところにも、この会社のユニークさがある。

 買い物難民とは生鮮食品が買える場所が500メートル圏内になくて、自動車に乗れない人を指し、現在1000万人近い人がいるといわれる。主に過疎地の高齢者が対象だが、東京の四谷でも「とくし丸」の車が走っている。高齢者にとって高速道路など越えられない川のようなものなのである。

 買い物難民はスーパーの大型化、郊外化によって、地元のスーパーが撤退していったこと、公共交通機関が弱体化したことによって生まれた。生協がかなりサポートしているが、注文してから届くのが1週間後で、ほとんどが冷凍食品であるため、たとえば刺身が食べたいといった需要に応えることができない。過疎地に住む高齢者の99%が女性で、彼女たちの声に徹底的に耳を傾けることによって、この事業は成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  10. 10

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

もっと見る