佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

コロナ禍だから業績を伸ばした移動スーパー「とくし丸」

公開日: 更新日:

 コロナ禍でも、いや、コロナ禍だからこそ、「とくし丸」は業績を伸ばしている。

 買い物難民のための移動販売で“おばあちゃんのコンシェルジュ”をめざした。その移動販売車が全国で600台を越え、還暦を過ぎたばかりの創業者、住友達也は、今夏、40代の後継者に社長の座を譲った。そのグループに入ったオイシックスから担当として派遣されてきていた人である。創業から10年にもならないのに投手交代をやるところにも、この会社のユニークさがある。

 買い物難民とは生鮮食品が買える場所が500メートル圏内になくて、自動車に乗れない人を指し、現在1000万人近い人がいるといわれる。主に過疎地の高齢者が対象だが、東京の四谷でも「とくし丸」の車が走っている。高齢者にとって高速道路など越えられない川のようなものなのである。

 買い物難民はスーパーの大型化、郊外化によって、地元のスーパーが撤退していったこと、公共交通機関が弱体化したことによって生まれた。生協がかなりサポートしているが、注文してから届くのが1週間後で、ほとんどが冷凍食品であるため、たとえば刺身が食べたいといった需要に応えることができない。過疎地に住む高齢者の99%が女性で、彼女たちの声に徹底的に耳を傾けることによって、この事業は成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

    “やらかし”甘利幹事長 衆院解散直後のぶら下がり中継で野党「先制口撃」の大失敗!

  3. 3
    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

    岸田首相の不人気、野党一本化加速で大苦戦 衆院選「落選危機の与党大物21人」リスト

  4. 4
    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

    匿名ツイアカ「Dappi」に新疑惑! 運営法人の取引先企業幹部に岸田首相、甘利幹事長の名前

  5. 5
    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

    おぼん・こぼん仲直りで再ブレーク!陰の立役者は「浅草芸人」案内役のナイツ

もっと見る

  1. 6
    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

    石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」

  2. 7
    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

    懲りない東出昌大また新恋人との“公私混同”バレ自爆…共演NG女優が今後続出すると評論家

  3. 8
    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

    “プロアイドル”宮脇咲良が本格ブレークの兆し 韓国ではNiziUより人気者

  4. 9
    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

    巨人泥沼8連敗、貯金ゼロでも原監督は「続投」なのか…慎之助に帝王学伝授とは笑止千万

  5. 10
    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…

    国民から期待されない岸田内閣、参院静岡補選で「黄信号」野党自滅で楽勝のはずが…