佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

企業は教育や政治の場ではないと答えた早川種三とフジ住宅会長の差

公開日: 更新日:

 興人などを生き返らせて、”企業再建の神様”といわれた早川種三はとても魅力的な人だった。

 その早川が日本特殊鋼の再建を頼まれて乗り込んだ時、同社には共産党員が100人余りいると言って、大森警察著がリストを持ってきた。それに対して早川は、

「僕は働いてさえもらえば共産党でも大本教でも何でもいいと思っています。企業は教育の場でもなければ政治の場でもない。(労働)組合は更生に協力すると言っているんですから、それだけで十分です」

 と答え、そのリストを突き返した。

 憲法の思想の自由を持ち出すまでもなく、企業というものを的確に把握した考えだろう。

 ところが、大阪にフジ住宅というトンデモ本ならぬトンデモ会社がある。会長の今井光郎が率先して在日コリアン等に対するヘイトスピーチが書かれた文書を社員に配り、その感想を書くように求めているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る