有望銘柄の発掘に役立つアプリを駆使してテンバガーを探せ

公開日: 更新日:

マネー系アプリ(6)

「株式投資にチャレンジしたいが、銘柄選びが難しい」と感じている人も多いだろう。今回は、有望銘柄の発掘に役立つアプリを紹介しよう。

 auカブコム証券が提供する「PICK UP! 株テーマ」は、いま話題のテーマから、銘柄を連想する力が身に付くアプリだ。トップページでは、アクセスの多いテーマがランキング表示され、いま何が話題になっているかを確認できる。その中から気になるテーマを選ぶと、テーマの基本解説を読める。さらにタブで「関連銘柄」を選択すると、そのテーマに合う銘柄を表示してくれる。たとえばテーマで「巣ごもり」を選ぶと、「出前館」「WOWOW」などが表示された。関連の度合いも強・中・弱で確認できる。これは比較的わかりやすい例だが、自分の知らない分野でも簡単に関連銘柄を確認できるのはうれしい。さらに選んだテーマから連想されるテーマも一覧表示されるので、銘柄選びの発想を広げやすい。「巣ごもり」の関連テーマには、動画配信やクラウドゲームなどの連想テーマが表示された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る