「投資の神様」が日本株を買い増し 狙いは3メガバンク?

公開日: 更新日:

投資の神様」と称されるウォーレン・バフェット率いる投資会社バークシャー・ハサウェイをご存じだろうか。馴染みがなかったら、覚えておいてほしい。

 同社が今月8日、3年連続となる円建て社債を発行した。期間が5年、10年、20年の3本で、発行額は合計1600億円。利率は順に0.173%、0.437%、0.969%である。バークシャーの信用格付け(S&P)はダブルA。ダブルAマイナスのトヨタよりも高いのだが、バフェットは今回の円資金で「また日本株を買い増しするのではないか」と大きな関心を集めているのだ。

 というのも、昨年も同じ方法で調達した円資金で、日本の5大商社株を大量購入した実績がある。昨年8月30日、バークシャーは伊藤忠、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅の5大商社の株式をそれぞれ5%超まで取得したと突然発表。この報道により、5大商社の株価は大幅に上昇したものだ。1年ほどの時間をかけて、5大商社株を市場で少しずつ買い増していたのだ。その投資額は推定6000億円強。その円資金をどうしたのかというと、2019年9月と20年4月に、外国企業としては過去最大級の円建て社債を発行し、調達していたのである。当時は、外国企業の大型起債として話題になったものの、この円資金でバフェットが日本株を買うとは予想されなかった。彼は外国株には関心が薄く、ましてや日本株を購入したことはなかったからだ。将来のドル安のヘッジ目的と考えられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る