なぜ円安なのに株高にならないのか? 過去と現在ではこう違う

公開日: 更新日:

 円安に歯止めがかからない。24年ぶりの安値が続いている。昨年の2021年末と比べただけでも、値幅で21円、率で18%の下落だ。

 日本は自動車などの輸出企業が多い。これまでは円安になれば輸出企業に有利ということで、日本の株高につながった。05年と13年から14年にかけての円安局面がまさにその典型で、日経平均株価は05年には40.2%、13年のときは56.7%も上昇した。

 ところが今回の円安局面で日本株は低迷したままだ。なぜなのか。

 円相場の変動が日本の輸出全体にどう影響しているかを表す「輸出の為替感応度」というものがある。日銀の分析によると、00年代半ばにはドルに対して10%円高になると、輸出は3%程度減っていた。だが、10年前後からは円安局面になっても、たとえば16年は0.2~0.4%の間で推移。17年は0~マイナス0.1%になった。つまり、円高だろうが、円安だろうが、輸出の増減とはほぼ無関係になったのだ。

 なぜかといえば、日本企業の生産の現地化と国際的な通貨管理である。98年度に10%だった日本の製造業の海外生産比率は、20年度に22%強と2倍になり、決済も円建てから海外通貨建てを増やしている。財務省によると、ドル建て輸出の比率は17年上半期で51%。ユーロ建てや人民元建ての取引も拡大している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍